一般葬の流れ

平野葬祭(大阪市東住吉区/生野区)|一般葬の流れ

  1. 平野葬祭 >
  2. 一般葬に関する記事一覧 >
  3. 一般葬の流れ

一般葬の流れ

 一般葬は、お通夜から葬儀、火葬までを2日間かけて行います。故人様がお亡くなりになられてから、火葬を終えるまでの一通りの流れは以下の通りです。

・臨終
 病院でお亡くなりになられた場合、ご遺体は霊安室に移されますが、すぐに病院から安置できる場所に移動する必要があります。まずは葬儀社に連絡をして、霊安室からご自宅や葬儀会館にご遺体を搬送します。葬儀社が決まっていない場合、病院が契約している葬儀社にお願いする場合もあります。

・ご遺体の安置
 ご自宅や葬儀会館にご遺体を安置したら、すぐには納棺せず、枕飾りという小さな祭壇を用意して、僧侶を迎えて読経をしていただきます。これを枕づとめといいます。このときに、僧侶に戒名のお願いすることになります。

・葬儀の準備
 僧侶やご家族の都合や、火葬場の空き状況を考慮して日程を調整します。最近は、火葬場が混雑している場合が多く、葬儀まで最大1週間程度待機しなければならないこともあります。この間に喪主を決めて、葬儀社と葬儀の内容などを打ち合わせします。

・お通夜
 葬儀前日の夜に、僧侶をお呼びしてお通夜を行います。お通夜の後は、参列者やお手伝いをしてくださった方々に向けて、軽食とお酒をふるまう通夜ぶるまいが行われます。

・葬儀、告別式
 基本的には、葬儀社の担当者が式の進行や会場の準備をしてくれますが、喪主も式の内容を把握しておきましょう。式の終わりや出棺の際には、喪主による挨拶があるので、あらかじめ挨拶の内容を考えておかなければなりません。ys

・火葬
 出棺後は、喪主のご家族や親族など少人数で火葬場に向かいます。火葬炉の前で納めの式を行い、故人様をお見送りします。火葬が終わるまで約1時間ほどかかりますので、その間は控室で待機します。

 株式会社平野葬祭では、葬儀に不慣れなお客様のため、手厚いサポートをいたしております。大阪市、堺市、平野区を中心とした地域でのお葬式を数多く承っておりますので、お葬式でお困りの際はお気軽に弊社までお問い合わせください。

平野葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識

  • お悔やみの言葉(葬儀参列者の挨拶)

    お悔やみの...

    「葬儀において、どのようにご遺族に挨拶を述べればよいか分からない」...

  • 一般葬とは

    一般葬とは

     一般葬とは、昔から日本で行われてきた伝統的な葬儀方法です。家族葬...

  • 告別式とは

    告別式とは

     告別式とは、故人様と生前ご縁のあった友人・知人が焼香をして、故人...

  • 大阪市の家族葬は平野葬祭にお任せください

    大阪市の家...

    大阪市で家族葬を検討されている方はぜひ平野葬祭にお任せください。 ...

  • 火葬式(直葬)の費用

    火葬式(直...

     直葬にかかる費用は、一般葬や一日葬、家族葬と比べてかなり費用を抑...

  • 一般葬の費用

    一般葬の費用

     一般葬の費用は、平均して200万円ほどかかるといわれています。以...

  • 福祉葬とは

    福祉葬とは

     福祉葬とは、生活保護を受けている人々による葬儀をいいます。生活保...

  • 福祉葬での葬儀が可能な方

    福祉葬での...

     福祉葬を行うことができるのは、原則として以下に該当する人になりま...

  • 葬儀、葬式の斎場

    葬儀、葬式の斎場

     葬儀・葬式を行う施設としては、葬儀社が運営する式場(葬儀開会、セ...

平野葬祭の主な対応地域

東住吉区、生野区、平野区、天王寺区、大阪市全域、堺市

ページトップへ