家族葬 通夜 

大阪市立北斎場/家族葬 通夜 

  1. 平野葬祭 >
  2. 家族葬 通夜 

家族葬 または 通夜 に関する基礎知識や事例

  • 大阪市立北斎場

    大阪市立北斎場

    場所:大阪府大阪市北区長柄西1-7-13 アクセス:天神橋筋六丁目駅から徒歩8分 火葬炉の有無:20基 駐車場の有無:88台 ホール数:2室(中式場(50名規模)、小式場(20名規模))  大...

  • 火葬式(直葬)の費用

    火葬式(直葬)の費用

     直葬にかかる費用は、一般葬や一日葬、家族葬と比べてかなり費用を抑えることができます。都心部では、大体20万円~30万円程度で行うことができ、中には20万円を切ることもあります。  直葬で必要...

  • 一般葬とは

    一般葬とは

     一般葬とは、昔から日本で行われてきた伝統的な葬儀方法です。家族葬や一日葬との違いは、故人様と生前親交のあった友人・知人・会社関係者を広くお呼びして、お通夜から火葬までを2日間かけて行うという点...

  • 福祉葬の内容

    福祉葬の内容

     福祉葬は、葬祭扶助の範囲内で行うために、大変シンプルなものとなります。  福祉葬に含まれる内容は、以下の通りです。 ■ご遺体の搬送、安置・・・寝台車、ドライアイス、棺、安置料 ■火葬・・...

  • 大阪市立鶴見斎場

    大阪市立鶴見斎場

    場所:大阪府大阪市鶴見区鶴見1-6-128 アクセス:今福鶴見駅から徒歩18分 火葬炉の有無:8基 駐車場の有無:47台 ホール数:1室(100名規模)  大阪市立鶴見斎場は大阪市の運営する公...

  • 家族葬の香典

    家族葬の香典

     家族葬では、葬儀に参列する人数が少ないため、同時に全体的に参列者からいただくご香典も少なくなる傾向にあります。ご香典を包む金額は、故人様の社会的地位や故人様と会葬者との関係などにより異なり、親...

  • 家族葬の流れ

    家族葬の流れ

     家族葬の流れは、葬儀場などで葬儀を行った後に、火葬を行うのが一般的な流れです。密葬と異なり、家族・近親者の間で葬儀を完結させるため、後日改めて一般弔問客も含めて故人様をお見送りする本葬を行うこ...

  • 大阪市立佃斎場

    大阪市立佃斎場

    場所:大阪府大阪市西淀川区佃6-4-18 アクセス:千船駅から徒歩15分、出来島駅から徒歩10分 火葬炉の有無:4基 駐車場の有無:10台 ホール数:1室(10名規模)  大阪市立佃斎場は大阪...

  • 火葬式(直葬)の流れ

    火葬式(直葬)の流れ

     直葬を行う際の流れは、比較的シンプルなものとなります。  大まかな流れは以下の通りです。 ・臨終  病院でお亡くなりになられた場合は、指示に従って速やかにご遺体をご自宅や安置できる場所に搬...

  • 家族葬とは

    家族葬とは

     家族葬とは、家族・近親者だけで行う新しいスタイルの葬儀をいいます。親しい人だけでゆっくり静かに故人様をお見送りすることができる一方で、伝統やしきたりを重んじる地域の場合はあまり馴染まず、主に都...

平野葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識

  • 大阪市立瓜破斎場

    大阪市立瓜破斎場

    場所:大阪市平野区瓜破東4-4-146 アクセス:大阪市営バス 「...

  • 葬祭扶助の注意点

    葬祭扶助の注意点

    「葬祭扶助」とは、生活保護法第18条によって受けることができる扶助...

  • 大阪市立北斎場

    大阪市立北斎場

    場所:大阪府大阪市北区長柄西1-7-13 アクセス:天神橋筋六丁目...

  • 訃報のお知らせ方法

    訃報のお知...

    「家族が急に亡くなってしまい、訃報の伝え方に困っている」 「悲しみ...

  • 一日葬とは

    一日葬とは

     一日葬とは、お通夜を省略して、葬儀、告別式、火葬を一日で全て執り...

  • 弔電とは

    弔電とは

     弔電とは、お葬式の際に、お悔やみの言葉を伝える電報のことをいいま...

  • 家族葬の香典

    家族葬の香典

     家族葬では、葬儀に参列する人数が少ないため、同時に全体的に参列者...

  • 成年後見人葬儀とは

    成年後見人...

     成年後見人葬儀とは、成年後見制度の成年被後見人・被保佐人・被補助...

  • 家族葬の費用

    家族葬の費用

     家族葬の費用は、家族や近親者など少人数で葬儀を行うため、比較的費...

平野葬祭の主な対応地域

東住吉区、生野区、平野区、天王寺区、大阪市全域、堺市

ページトップへ