一日葬の流れ

平野葬祭(大阪市東住吉区/生野区)|一日葬の流れ

  1. 平野葬祭 >
  2. 一日葬に関する記事一覧 >
  3. 一日葬の流れ

一日葬の流れ

一日葬は、お通夜を省略すること以外は、通常の一般葬の流れとあまり変わりません。大まかな流れは以下の通りです。

・臨終後
 まずは葬儀社に連絡し、ご遺体を霊安室からご自宅や葬儀会館に移動させる必要があります。末期の水をとり、枕飾りを用意して、ご遺体の処理を行います。火葬場が混雑していて火葬まで日にちがかかる場合は、エンバーミングを行うこともあります。このときに納棺をしますが、釘打ちは出棺まではしないことになっています。

・葬儀の準備
 喪主を中心に葬儀の内容、形式、規模などを決めて、葬儀の費用を見積もります。喪主の手伝い役として、会計や受付、進行役などの世話役も決める必要があります。近親者へは電話で連絡をして、友人・知人・勤務先へは葬儀の日程が決まり次第連絡するのが良いでしょう。

・葬儀、告別式
 僧侶による読経が30~40分ほどあり、前もって弔辞をお願いしていた人に弔辞を述べていただきます。続いて司会者により弔電が奉読されます。その後僧侶による焼香があり、それに参列者も続きます。最後は喪主による挨拶で終わります。葬儀と告別式は、本来別のものですが、近年では一緒に行なうことが多くなっています。

・火葬
 火葬場に僧侶が同行している場合は、火葬炉の前で読経が行われます。同行しない場合には、焼香のみを行い、故人様との最後のお別れをします。なお、火葬をする際には、火葬場に「火葬許可証」が必要となることに注意しましょう。

・骨あげ
 火葬後は、火葬炉の前に集まり、参列者全員で骨あげを行います。2人で一組になり、男性は左から、女性は右から骨を箸で拾い上げ、骨壺に移します。骨揚げが終了したら、骨壺は桐の箱に納めて持ち帰ります。

 株式会社平野葬祭では、家族葬・一般葬一日葬・直葬・社葬・福祉葬儀など幅広い種類のお葬式について承っています。お客様のご希望に合わせて柔軟に対応しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

平野葬祭が提供する葬儀・葬式の基礎知識

  • 終活の進め方~エンディングノートの準備~

    終活の進め...

    「家族からエンディングノートの作成をすすめられたが、エンディングノ...

  • 告別式とは

    告別式とは

     告別式とは、故人様と生前ご縁のあった友人・知人が焼香をして、故人...

  • 火葬式(直葬)の流れ

    火葬式(直...

     直葬を行う際の流れは、比較的シンプルなものとなります。  大ま...

  • 福祉葬とは

    福祉葬とは

     福祉葬とは、生活保護を受けている人々による葬儀をいいます。生活保...

  • 葬祭扶助の注意点

    葬祭扶助の注意点

    「葬祭扶助」とは、生活保護法第18条によって受けることができる扶助...

  • 葬儀、葬式の日程

    葬儀、葬式の日程

     通常の葬儀では、1日目にお通夜をして、2日目に葬儀、告別式、火葬...

  • 家族葬の呼ぶ範囲

    家族葬の呼ぶ範囲

     家族葬に呼ぶ範囲を決めるのは、とても悩ましいことだと思います。故...

  • 大阪市立小林斎場

    大阪市立小林斎場

    場所:大阪市大正区小林東3-12-8 アクセス:大阪市営バス 「小...

  • 一日葬の流れ

    一日葬の流れ

    一日葬は、お通夜を省略すること以外は、通常の一般葬の流れとあまり変...

平野葬祭の主な対応地域

東住吉区、生野区、平野区、天王寺区、大阪市全域、堺市

ページトップへ